MENU
100記事いくまでプロトタイプです

【素人の僕が記事を書いても良い理由】頭がいい人の考えたことを翻訳するという業

2020 5/18
【素人の僕が記事を書いても良い理由】頭がいい人の考えたことを翻訳するという業

僕はいま新生活に向けて準備を進めている。新しい生活をするにあたって引っ越しもする。

今日、業者さんに見積りに来てもらったときのこと。

荷物の量をざっとみて、複雑な依頼を聞いて、タブレットをパンパン叩いてさっと金額を出してくれる。その時間、30分とかからずに。

裏には配送スケジュール、経費など複雑な仕組みがあるのだろうなと想う。それらを踏まえた誰でも取り扱えるシステムを組む人がいる。

価格設定はさまざまな要素を踏まえた上で成立させる高度な業だよな。それを組む人たちはすごいなと思う。けれど、それと同じくらいすごいなと思うのは、その要点をまとめて、誰でも目的に沿ってそれを取り扱えるようにシステムを組む人たちだなと思う。

複雑なことを理解した上で、現場の多様な人にそれを上手に翻訳してくれる。うん、すごい。

それを感じたとき、

ブログを書くにあたって、ひよってる自分がいることを思い出した。

上には上がいるということ。先達のブログを読めば「僕はこんなに詳しく書けない」と思う。世の中に必要な情報はすでに誰かが書いてるんじゃないかと思うくらい、気になることを検索すれば誰かが書いている

そう思うのはどうやら僕だけじゃないらしい。

【ブログ相談】自分より詳しい人や上手い人がいて記事が書けません!|hitobeblogさん

MYブログ四天王のひとり、hitodeさんのブログに上記のような記事がありまして。さ、hitodeさんはなんて答えてらっしゃるのかと拝見すると、、、、

にわかの、素人の、あなただからこそ書ける記事があります
伝える層が変われば、刺さる記事も変わってきます
ブログ始めたばかりの1記事目とか批判されるほど読まれねーから! 安心してくれ!!

https://hitodeblog.com/zibunyori-kuwasiihito

なんと愛情溢れるメッセージでしょう。いや、ほんと、安心しました。安心できる裏には上記記事のなかに説得力ある言葉たちがいくつも並んでます。僕と同じように気にしてた方、ぜひ、読んでみてください。

そうだ、ほんとそう。

MYリスペクト四天王の DaiGoさん だって、パレオさん だって、中田敦彦さん だって、そういうことをやってらっしゃるんだよな。

難しい研究を一般の人にもわかるように翻訳をしてくれる。それでみんなの人生が少しでも豊かになるようにって。中田さんは小難しいものを、お持ちのエンターテイメント性と頭脳をもって翻訳をしてくれる。「学ぶことは楽しいって感じて欲しい」って。

そうか、それでいいのか。ちょっと、安心。

ターゲットのお話でも書いたけれど、自分が悩むと言うことは他の人も悩んでるとも言えるだろうし。年代、住む地域、性格、いろんな要素で同じ悩みでも質も違うし。

仕事でもブログでも、そうした翻訳って大事な役割だし作業なのかもしれないな。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる