MENU
100記事いくまでプロトタイプです

あれから2週間。やっと日常を取り戻せそうだ。

2020 6/10
あれから2週間。やっと日常を取り戻せそうだ。

この記事を書いてから2週間。

記事っていうか、もはやツイートだけど。

気がつけばそんなに時間が経ってしまっている。まぁ、若干のんびりと進めた感はあるが、まぁ、大変だった。

20年勤めた先での勤務終了。それに伴うやり取りや作業。自宅売却、引越し、なんせ20年間の生活で溜め込んだものがいっぱいあるから、捨てるものも多かった。車でなんども市の破砕工場へ運んだり、リサイクルに出したり、知人に譲ったり。使うものと捨てるものの仕分けにも時間がかかるし、捨てるとなったものとの思い出語りにも都度若干の時間が取られる。東京に持ち込めないものについては、実家に預かってもらうことにした。今後自分が使わないだろうと思うものでも、両親が使うかもしれないと思えば詰め込んでしまうし、実家でその選別を両親と行ったり、それでやっぱりいらないとなったものを処分場に運んだり、そんな作業をしているうちにやっぱり東京へ持ち込みたいと思うものが出てきて再度梱包作業になったり。

まぁ、そんなこんなで6月5日まで実家にいて6日に東京入り。

実家から届いた荷物の開梱、すべてものが揃った状態での部屋づくり、前の環境での別れを惜しんでくれる人とのやりとりの時間、どれもこれも次の準備に向けて・・・と思って丁寧にしていたら、こんなに時間がかかってしまった。が、まぁ、それでよかったと思う。

今日、転入届を区役所に提出し、その足で警察署に行って免許証の住所変更をしてきた。これが完了したってだけで「ああ、本格的にはじまった」という実感が湧いてくるから不思議なもの。

この間、ブログのあり方のことも考えた。

アフィリエイターと呼ばれている人たちの言っていることはとても正しいと思う。考え方も間違っていない。質の良さを追求し圧倒的時間を投下してアフィリエイトサイトを作ること、そして短期間に資産を構築すること、それをもって自由を追求すること。これを先に実践することで自分の先が歩みやすくなるということ。

しかし、僕はそれを目的にブログを書くということは、当面やめておくことにした。

まず、僕には圧倒的専門的知識を持ったものがない。3年続けていたものがあれば・・・というが、この10年は前職に関わる仕事ばかりの毎日だった。唯一、趣味といえたはずのベースですら、どうしても触れたくなって弾き出すが、その下手さ加減に嫌な気持ちになり、どんどん遠ざかって、趣味とすらいえないものになってしまっていた。じゃぁ、その前職に関わることを書けばいいだろうという話もある。それはそのとおりで、それはまったく別人格というか存在というかで、noteででも綴っていこうと思う。

「まずは実績を積むこと」

どこかで閾値に達したときこのブログでも「まとめ」だとか「おすすめ」だとかで表現するかもしれないけれど、まずは経験を重ねていこうと思う。

自分が何に触れてどう感じていくか、そもそもはその経過を綴っていくためにブログを始めたところに戻って、のんびりと毎日更新を続けていこうと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる